ページの上へ

  

睡眠時無呼吸症候群の治療なら西尾久接骨院 【睡眠時無呼吸症候群の治療法はこちら

C-PAPやマウスピースを使わずに症状を改善します。骨盤、背骨、頭蓋骨のゆがみを調整して喉や鼻の気道を広げて呼吸を楽にします。無呼吸症候群の治療ならお気軽にご相談ください。

治療の実績

富山県  原 雅秀さん(仮名) 57歳

病院の検査で重症と診断された無呼吸症の数値が、2度目の検査で半分以下になりました

無呼吸の発症時期はよく覚えていませんが、家族に呼吸停止やイビキを指摘されて、昨年の12月に一泊入院のPSG検査を受けてAHI50~60で重症と診断されました。 病院で加湿器付きのCPAPを処方されて使用するようになり、使い始めは効果を実感しましたが、そのうちにあまり効果を感じ無くなってしまいました。夜中にトイレや、喉が乾燥する痛みで1~2回目が覚めてしまいます。寝る前に毎晩喉用スプレーを使って痛くならないよう気を付けてはいるのですが、朝までC-PAPが着いていることはあまりありません。 無意識のうちに途中で外してしまっているようです。又、私は夜間に噛みしめるクセがあり、奥歯が割れてしまった事もあるので予防のためにマウスピースも使用しています。 何か他に良い治療はないものかとネットで無呼吸症治療を調べていた時、〝ここの治療は良い〟と書いてある書き込みを見つけ、「無呼吸症候群の治療 西尾久接骨院」を知りました。 CPAPなどの器具を使用しないという治療に興味が湧き、自宅からかなり離れていましたが、仕事の都合で東京には時々行くので、試しに一度治療を受けてみる事にしました。 初めに無呼吸症になる経緯や治療法の説明を受けました。その後、深呼吸してどのくらい体のなかに空気が入る感じがあるかチェックをしてから治療に入りました。 治療が終った後、同じく深呼吸をしたところ、治療前は胸までしか感じられなかった吸気が、すーっと腹まで入るようになっていました。 呼吸が軽く楽になったようで驚きました。 治療後の変化を見るために、出来れば今夜は家族に寝ている状態や、呼吸停止の有無、イビキの大きさの変化を確認してもらうよう言われました。 しかし残念ながら私は現在、単身赴任をしていて普段家族とは一緒に住んでいないのですが、翌日に久し振りに家族と合流することになっていたので、その時に寝ている様子を見てくれるように妻に頼みました。 その夜はどうやら妻が先に寝てしまったようで、イビキの始まる感じは少し変わったと言われましたが呼吸停止などの変化はわかりませんでした。 治療後に明らかに変化した点は、体中の関節が楽になって体調が良くなったことです。 もともと腰痛があり、重い物を持ったりすると夜間痛みで目が覚めることもあったのですが、それがなくなりました。 2回目の治療は2週間以上空いてしまいましたが、受けた後は体がすっきりして体が整った感じがしました。 普段、寝ている様子を見てもらう事が出来ないため、スマホのアプリで記録を取る事にしました。眠りに入った直後から夜中の2~3時ぐらいまではイビキがあり、明け方に1時間位、イビキが止まっているのですが、起きる前に再びイビキを掻いていました。 そのアプリはイビキを記録するだけなので呼吸停止までは解りません。 4回治療を受けた辺りから日中の眠気もなくなり、症状は安定するようになりました。 自宅に戻った日は妻に睡眠を観察してもらっていましたが、イビキは多少ありますが、明らかな呼吸停止は無いそうです。 アプリを見てもその様子はわかりました。 そして7、8回目の治療後からイビキの音が小さくなったと妻に言われるようになりました。 しばらく前に人間ドックで検査を受けてメタボと診断されて、体重を減らすように言われました。 それ以降、食事に少し気を付けて、体重も5キロぐらい減量したので、無呼吸の治療と合わせて何か変化が出るかもしれないと思い、先日2回目の一泊入院のPSG検査を受けてみました。 結果は中等度で初回のAHI50~60に比べると数値が半分以下になっていたのです。びっくりしました。 もしも1回目の検査でこの数値だったらC-PAPは保険では処方できないレベルだそうです。 医者は体重を減らしたのが効いたのだろうと言っていましたが、私は無呼吸症の治療も効果があったのだと思っています。 なぜならこの治療を受けるようになってからは、体の歪みが整ったのか腰痛も無くなり体全体の調子が良くなったからです。 私の場合は遠方なので、すぐ治療に行ける距離ではないので、治療の間が2ヵ月開いてしまう時もありますが、東京に出張がある時は必ず通いたいと思っています。 はやくC-PAPと完全におさらばしたいと思います。

兵庫県  阿久津 雅士さん(仮名) 53歳

一回の治療で無呼吸症や頭痛が落ち着き、夜もぐっすり眠れるようになりました。

10年位前に妻から呼吸停止やイビキの症状を指摘されて一泊検査をしたところ、無呼吸を示すAHIという数値が38あって重症と診断されました。 そういえばもう何年も前から、朝起きた時の「良く寝たなあ...」という充実感が全くありません。 日中は午後2時頃になると眠くなりますが、今のところ仕事が手に付かなくなるような強烈なものではありません。 C―PAPを使用することになり、初め鼻に装着するタイプを試しましたが、空気が口から漏れてしまいダメで、次に鼻と口を覆うマスクタイプを使いましたが、今度は口や喉が渇いてとても使えませんでした。 その他マウスピースも使いましたが、朝まで入っていませんでした。 口呼吸のクセがあり、使用中も苦しくて横を向いて寝ていたら、首と指がおかしくなってしまいました。 MRIを撮ったところ、首の神経が圧迫されていると言われました。 たまに起床時に頭痛があり、気圧の影響で週に1回位、日中も出る時があります。 ネットで他の治療法を探していた時に、「無呼吸症治療の西尾久接骨院」のホームページを見つけました。 初めは接骨院で無呼吸が治るのか疑問でしたが、読んでいるうちに「これは効くかもしれない...」と思いました。 ここ何年も運動不足で、体のあちこちが調子が悪くて自分の体が歪んでいるのかもしれないと以前から感じていたからです。 場所を確認すると東京でしたが、仕事で頻繁に行くのでそれに合わせて予約を取り、治療に行きました。 治療前に問診があり、全身の歪みと、深呼吸して体のどこまで空気が入るかをテストをしてから治療に入りました。 治療は痛い事は全くなくて、途中で眠くなるようでした。治療後は体がすっきりして、呼吸も治療前より深く入るようになっていました。 その晩は妻に寝ているところを見てもらいましたが、イビキが小さくなって、呼吸停止もなかったと言われました。治療を受けた翌日は全く眠くならず、その状態は2~3日続きました。 その後は眠気を感じる事がありましたがひどい物ではありません。自分の部屋が洗面所の近くなので、子供が夜中に使っていると音で目が覚めてしまう事が多かったのですが、治療を受けてからは全くなくなりました。 それだけ深く眠れるようになったのかもしれません。たまに出ていた起床時の頭痛もこのところ全く出ていません。 今のところ2回治療を受けましたが、体に感じて十分に効果は出ている様子なのでこのまま継続して治療をしていこうと思います。これからもよろしくお願いします。

03-3810-8874