ページの上へ

  

睡眠時無呼吸症候群の治療なら西尾久接骨院 【睡眠時無呼吸症候群の治療法はこちら

C-PAPやマウスピースを使わずに症状を改善します。骨盤、背骨、頭蓋骨のゆがみを調整して喉や鼻の気道を広げて呼吸を楽にします。無呼吸症候群の治療ならお気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群とは

»1.どのような病気か

睡眠中に1回あたり10秒以上呼吸が止まっている状態を無呼吸と呼び、呼吸の量が半分になってしまうものを低呼吸といいます。
これらが睡眠中の1時間に5回以上起きる場合に「睡眠時無呼吸症候群」と判断されます。
もちろん寝ている間の事なので本人は気が付かず家族などの同居者に指摘されて発見される事が多いのですが、家族がこの病気についての知識、情報を持っていなければ単に「いびきをかきやすい人」と思われて治療開始が遅れてしまう事もあります。

»2.症状は…‥?

睡眠時無呼吸症候群はさまざまな症状を伴います。
代表的なものとして以下などがあります。


代表的な症状の画像

»3.原因

睡眠時無呼吸症候群には3つのタイプがあります。

①閉鎖型

睡眠時無呼吸症の人のほとんどがこのタイプです。
睡眠中に筋肉が弛緩したことにより空気の通り道である上気道と呼ばれる部分が、閉塞されることによって起きます。
閉塞は肥満によって首のまわりに付着した脂肪が気道を圧迫していたり、舌が気道に落ち込んでしまったり、もともと舌が大きい(巨舌症)鼻の中(鼻中隔)が曲がっているなどで起こります。
肥満者は非肥満者の3倍のリスクがあるとされています。

閉鎖型タイプの画像

②中枢型

脳血管障害や重度の心不全などによる呼吸中枢の障害で、呼吸運動そのものが消失してしまいます。
ただし中枢型は極めて少ないようです。

③混合型

①の閉塞型と②の中枢型を混合したもの。

»4.「女性」でも「やせた人」でも増えてきている、無呼吸症候群

この病気は男性それも肥満した男性に多いと思われていますが、最近の研究では女性や痩 せた人にも増えて来ていると報告されています。
もともとこのホルモンには脳の呼吸中枢を刺激する働きがあり、これにより呼吸中枢は横隔膜や呼吸筋を収縮させて、肺は広がり空気が入って体は酸素を取り込むことができます。
この点から女性は男性よりも呼吸を安定させる働きが優れていると言われています。
しかし閉経を境にしてプロゲステロンが減少することで女性でも睡眠時無呼吸症候群を起こしやすくしてしまうのです。
画像
たとえばイビキなどは無呼吸症の重要なサインなのですが、いびきをかく人の男女差は女性の閉経期以降に小さくなります。
つまり、中高年になると夫婦そろっていびきをかくということが珍しくなくなります。
いびき、無呼吸=男性ではないのです。

調査結果

日本で行われた大規模な調査によると、無呼吸症の40%近くが非肥満の人でした。
ではなぜ非肥満の人が無呼吸症になってしまうのでしょうか。
この場合の原因は「小さなあご」「小さな下 顎骨」にありました。
一般的な肥満による無呼吸症の場合、舌の根本に脂肪がついて気道を塞ぐことにより発症すると考えられています。
しかし下顎骨の小さい人の場合、もともと口の中の容積が小さいため、睡眠時に舌の筋肉が緩むと舌が喉の奥に押し込まれてしまい、簡単に気道が塞がってしまいます。
つまり下あごの骨は舌を収めておく「器」と考える事ができます。
一般的に欧米人に比べると日本人はあごが小さい人が多く、7~8割が「小さいあご」に当てはまるとされています。

人類は進化の過程で火を使うようになり、食べ物を調理するようになったために固い物を食べなくても十分なカロリーが簡単に摂れるようになりました。
ある研究によれば、弥生時代には一度の食事に4000回の咀嚼、つまり噛む事を4000回していたのですが、現代の人間は同じカロリーを摂取するのにわずか500回程度しか咀嚼しなくて済んでいるという事です。
ひき肉を使って柔らかく作られた高カロリーのハンバーガーなどは良い例でしょう。
このため使われなくなった下顎の骨が退化して小さくなり、無呼吸症を起こす原因となっています。
つまり無呼吸症は現代人の宿命病とも考えられるでしょう。
西尾久接骨院では新しいアプローチで睡眠時無呼吸症候群の治療を行います。治療の実績はこちら