ページの上へ

  

睡眠時無呼吸症候群の治療なら西尾久接骨院 【睡眠時無呼吸症候群の治療法はこちら

C-PAPやマウスピースを使わずに症状を改善します。骨盤、背骨、頭蓋骨のゆがみを調整して喉や鼻の気道を広げて呼吸を楽にします。無呼吸症候群の治療ならお気軽にご相談ください。

新しいアプローチによる当院の治療法

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に喉の奥の筋肉や舌の緊張が緩んで、気道を塞いでしまう病気です。
原因は肥満や小さなアゴの骨とされています。
しかし肥満したからといって、すべての人がこの病気になるわけではないでしょう。
アゴが小さい人が必ず無呼吸になるわけではないはずです。
睡眠中に喉の奥の筋 肉や舌が緩んで気道を塞ぐのが原因ならば、なぜ必要以上に緩んでしまうのでしょうか?
筋肉が緩まないようにできないものでしょうか?
そのような考え方からアプローチするとこの病気の本態が見えてきます。

喉の奥や舌などは筋肉ですから、目覚めている時であれば自分で動かす事ができます。
つまり脳からの命令で動いているわけですが、無呼吸症の患者さんはこの脳からの命令を筋肉に伝えている神経が睡眠中に十分に働かず、そのために筋肉が適度な緊張を保てずに緩んで気道を塞いでしまうのではないでしょうか。
ではその神経を刺激して働きを良くしてあげれば睡眠中も気道を塞がない程度の筋肉の緊張が保てるのではないでしょうか。

気道や喉の奥(咽頭)、舌や首のまわりの筋肉に命令を送っているのは顔面神経や三叉神経、舌下神経、舌咽神経、迷走神経、副神経などです。
これらの神経は脳から出て枝分かれして体の色々な部分 に脳からの命令を送りますが、脳から出る際に頭蓋骨のちいさな穴を通ります。
頭蓋骨はヘルメットのようにワンピースの骨ではなく、全部で23個の骨からできています。
そしてそれぞれがわずかに動くようになっています。

イメージ画像
人間は日々の生活の中で肉体的にも精神的にも色々なストレスを受けています。
これにより骨盤や背骨がゆがむと、そのゆがみが最終的には頭蓋骨をゆがめてしまい、その結果脳から出る神経の通り道がゆがんで、神経がわずかに圧迫され働きが悪くなります。
この結果、気道や喉の奥や舌の筋肉に十分な命令が届かなくなり、過度に緩んだ筋肉が気道を塞いでしまう事が、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす大きな原因になります。

イメージ画像
当院で行っている新しい治療法は、日常のさまざまなストレスで起きた背骨や骨盤のゆがみを調整し頭蓋骨のゆがみを調整することで脳から気道や喉、舌に命令を送っている神経の流れを改善し、これらの筋肉が必要以上に緩まないようにするというものです。
これらの筋肉に命令を送っている神経(顔面神経、三又神経、舌下神経、舌咽神経、迷走神経、 副神経など)は、23個ある頭蓋骨の中でも頭蓋底と呼ばれる部分の小さな穴から出て枝分かれし ますが、この頭蓋底は蝶形骨、側頭骨(左右に1つづつあります。)後頭骨の4つの骨から出来ています。
この4つの骨のゆがみを取ってバランスを整えてあげる事で神経の流れが回復し、気道や喉、 舌の筋肉の正常な緊張を取り戻すことができます

イメージ画像

○当院の無呼吸症の治療の内容について

治療の内容をもう少し具体的に説明しましょう。治療の内容などにあまり関心のない方は飛ばして先に進んでください。
当院の無呼吸症の治療は、最終的には頭蓋骨を整えて、頭蓋骨から口の中の舌や鼻の奥の部分の筋肉に命令を送っている神経の働きを改善して、これらの部分を引き締めて寝た時も必要以上に緩まないようにすることです。
これが当院の無呼吸症の治療の目標です。

誰でも寝る時は体の力が抜けて、あちこち緩むものですが、無呼吸症を発症している人はどういう訳かこれらの部分が必要以上に緩んでしまいます。
そして結果として気道を塞いで無呼吸症になってしまいますが、これを治療によって必要以上に緩まないようにすることで、無呼吸症の症状を改善してゆきます。

・頭蓋骨を整えるにはまず骨盤から調整します

無呼吸症の治療の為には、骨盤の仙腸関節と呼ばれる部分の調整が重要なポイントになります。
よく言われる骨盤が歪んでいる≠ニいうのはこの仙腸関節が歪んでいることが多いようです。
仙腸関節は仙骨と腸骨という2つの骨から作られる関節ですが、手や足の関節とは違ってあまり大きく動くことがない平面関節と呼ばれる関節です。
イメージ画像 この関節は、3つの靱帯(前仙腸靱帯、後仙腸靱帯、骨間仙腸靱帯)のみで支えられており他の関節のように補強するための筋肉がありません。そのため構造的に弱く歪みが出やすい部分で、人体の構造的な弱点と言えるでしょう。
この部分が滑るように動いてしまいます。
腸骨は足が生えている骨なので、ずれた事によって足の長さが左右で変わってしまいます。これが背骨を歪ませて、その歪みが徐々に上がって行って最終的に頭蓋骨を歪ませて無呼吸を発症させることになります。

イメージ画像
当院の無呼吸症候群の治療では、このような歪みを手技で調整してゆきます。
一般にイメージされるような骨をボキボキやる治療は行いません。
弱い力で軽く押すので痛むことはなく安全な治療です。骨盤が揃うことによって左右の足の長さが揃います。
その結果背骨のバランスが整います

・次に背骨を整えます

イメージ画像 背骨は腰の部分(腰椎)が5つ、背中の部分(胸椎)が12、首の部分(頚椎)が7つ、合計24個の骨から出来ています、人間は自分ではこの骨をひとつだけ動かすことは出来ないのですが、これを治療手技でひとつずつ滑らすように動かすと、この背骨に付着している筋肉を緩めることが出来ます。
これによって背骨を支えている筋肉を調整することが可能で、背骨の歪みを矯正することができます

・頭蓋骨を調整します

骨盤と背骨を調整して、さて、いよいよ当院の無呼吸症候群の治療のハイライトである頭蓋骨を調整します。
頭蓋骨はヘルメットのように1ピースの骨ではなく、15種類の骨から出来ています。
左右2つあるものがあるので、全部で23個の骨から出来ています。
イメージ画像 縫合と呼ばれる骨と骨の継ぎ目の部分でわずかに動くようになっており、呼吸とともに全体の骨が膨張したり収縮したりして動いています。

頭蓋骨は脳を入れる容器であるため、これが歪めば脳から下に伝わる命令や、体全体から脳に上がってくるさまざまな情報の伝達に問題を起こします。
頭蓋骨を調整することによって、これらの命令や情報の伝達を改善する事が出来ます
つまり、無呼吸症を起こしている原因である舌や鼻の奥、気道の筋肉の必要以上の緩みを改善する事が出来ます。


・頭蓋骨調整の手技について

頭蓋骨は脳を守る容器であるため、強い力でグイグイ押し込んだりすると脳をダメージから守るために継ぎ目の部分が逆に引き締まって動かなくなってしまいます。
ですから強い力で押し込むような治療は逆効果です。
23個ある頭蓋骨はそれぞれ独特の動きがあり、呼吸に合わせて膨張、収縮しているので、その本来の動きに合わせた方向に軽い力で動かしてやる事で調整することが出来ます。
当院の無呼吸症候群の治療では、このようにして弱い優しい力で頭蓋骨を調整します。

イメージ画像
以上のような手技療法で施術を行った結果、頭蓋骨から舌や鼻の奥や気道の柔らかい筋肉に命令を送っている神経の流れを改善する事が出来ます。
治療がその患者さんに合って効いてくれれば、夜寝た時も普通の人と同じように気道が閉塞してしまうことがなくなり、無呼吸症が改善されます。

当院の無呼吸症候群の治療は、このように全身を調整することによって症状を解消します

骨格調整による無呼吸症候群の治療の効果について

すべての病気のすべての治療法について言えることですが、誰にでも100%効果がある治療法というものは残念ながら存在しません。良く効く人もいれば全く効かない人もいます。
頭蓋骨調整による無呼吸症候群の治療にも同じことが言えます。治療の効果を大まかに表現すると、およそ10%〜20%の人には当院の無呼吸症候群の治療は劇的に効果があります。

イメージ画像 イビキが止まり、あるいは音が小さくなり、もちろん呼吸停止も激減します。当然、日中の眠気なども殆ど解消します。
これだけ効果があったという事は、つまりこのタイプの患者さんの無呼吸症の原因は主に骨格の歪みだった...。という事になります。


反対に、やはり10%〜20%の人に対しては、この治療は全く効果がありません。
つまり、このタイプの患者さんの無呼吸症の原因は骨格の歪みとは全く関係がない、何か別の原因がある、という事になります。
残りの60%の患者さんについては劇的な効果はありませんが、治療が進むにつれて呼吸停止の回数などの数値や、日中の眠気、起床時の不快感などが徐々に改善されてゆきます。

効果があるか否かは残念ながら治療してみないとわかりません。

たとえば病院で一泊入院検査や自宅で簡易検査などを行うと 軽度、中等度、重症などと判定されます。普通に考えれば、軽症の人が簡単に治りそうに思いますが、実際は重症と診断されても劇的な効果が出る人もいれば軽症のはずなのに治療が全く効かない患者さんもおられます。
効果のある方は一回の施術で大きく症状が変化しますが、2〜3回治療してやっと効果が出てくる人が大多数です
そのため、とりあえず3回位の治療を受けてもらう事をお勧めしています

無呼吸症候群の治療とC-papについて

当院に来院される方は、病院などで一泊入院、又は簡易検査を受けてC-papを処方されて使ってみたものの、「とても息苦しくて使っていられない...」、「こんな物を一生使い続けたくない...」、と考えて色々探してこの治療にたどり着く場合が多いようです。

このような患者さんたちは、C-papという選択肢はもう諦めていらっしゃるので他の治療方法を探してゆくしかないのですが、現在C-papを使っていて十分な効果があり、使うことにも慣れていて不自由は感じていないけれども、一生この機械を使い続けるのはどうも嫌だ....。という患者さんも時々治療に来られます。このような患者さんの場合はとりあえずC-papを使ったまま治療をしてゆきます。 すると次第に毎月のC-papの検査の数値が下がって来ます。
ある程度数値が下がったら7日間位C-papを使うのを中止してそのタイミングで簡易検査を行ってみます。C-papを使用する以前と比べて検査の数値が大幅に改善されていればC-papを外して普通に眠る事も可能になります。
ただ、C-papを長年使用して十分な効果が得られており、精神的に依存している人の場合は治療によって数値が改善しても、C-papを手放すのはなかなか勇気が要るようです。この辺りが無呼吸症候群の治療の難しい所です。

治療の実績

那須郡   名取 清史さん(仮名) 47歳

簡易検査で重症と診断された無呼吸症が改善しました

15年前に結婚しましたが、その頃から妻にイビキや無呼吸を指摘されるようになりました。 それ以前にもあったのかもしれませんが独り暮らしだったのでわかりませんでした。 夜間に息苦しくて起きる事はありませんが、トイレで毎晩少なくとも二回起きます。 時々、朝起きた時や日中に頭痛があり、元々ひどい肩コリで肩コリがひどくなると頭痛がでます。 妻が心配していたので、一度検査を受けてみようと今年の7月に簡易検査を受けました。 結果は二晩検査して重症と診断されました。さらに精密検査を薦められたのですが、それをやるとそのままC−PAPを一生使い続ける事になってしまうので、精密検査は断りました。 何か他に治す方法はないかとインターネットで調べていると「無呼吸症治療の西尾久接骨院」のサイトを見つけました。 自宅から遠いのでちょっと悩みましたがどんなものかと試しに治療を受けてみる事にしました。 治療の日は今までの経過を話して、治療内容の説明を受けました。 骨盤や頭蓋骨の歪みを治して、寝ている時に喉の奥や舌の筋肉が必要以上に緩まないようにするのだそうです。 治療自体は痛いことはなく、一時間ぐらいで終わりました。治療が終って驚いたのは、かなり酷かった肩コリが軽くなり、呼吸も治療前より深くなってヘソの辺りまで空気が入るようになったのがわかりました。 もちろん寝て見なければ本当に効いたのかどうかは分りません。 その晩はいつもと同じように寝て、寝ているところをしばらく妻に見てもらいましたが、それによると、その晩からイビキが明らかに小さくなり、呼吸が止まる症状も見ていた限りではわからなかったそうです。 もちろん一晩中見ていたわけではありませんが・・・。 治療を受けた翌朝はいつもよりすっきり起きることが出来ました。 それから私はどういうわけか以前から右顎を良く使うと痛みが出るので、左顎だけで噛むことが多かったのですが、治療を受けてからは噛み合わせが変わったのか右側でも食べやすくなりました。 なにか効いたような、変化があったような気がしました。 その後、二回治療を受けましたがイビキは小さくなり、観察している妻の話によると、呼吸停止もまだ少しはあるようですが以前のように長時間止まっている訳ではなく、止まってもすぐに呼吸が再開するようになったようです。 夜間のトイレの回数も減り、朝まで目が覚めない事もあります。日中も眠気が軽くなり、たとえば仕事で講習会があると、今までは話を聞いているうちについ居眠りをしていましたが、居眠りせずに講義を聞いていられるようになりました。 頭痛は相変わらずありますが、これは睡眠が原因ではなく、それこそ子供の時からずっとあったので仕方がないと思っています。 やはり仕事の疲れが溜まり、肩コリがひどくなると頭痛が出るようです。 自宅から時間がかかるのでなかなか頻繁には通えませんが、また予定を見て治療に行きたいと思います。

香取市  深沢 美紅さん(仮名) 30歳

起床時の頭痛が一回の治療で改善し、イビキも減って音が小さくなりました

二年前からイビキと起床時の頭痛が毎日出るようになりました。 呼吸停止は指摘された事はありませんが、忘れているだけで、もしかしたらあるのかもしれません。 夜間に3〜4回は必ず目が覚めます。 もともとトイレが近いのですが、冬場は特にほぼ毎日トイレで目が覚めてしまいます。 何回も起きてしまうせいか目覚めも悪く、起きると体が疲れていてぐっすり寝た気がしません。 日中の眠気はご飯を食べた後に多少あります。 耳鼻科でイビキを止める為にレーザー治療を行いましたが、あまり効果はなく、先生から無呼吸症の疑いがあるけれども、検査をして無呼吸と診断されてしまうと保険が効かなくなると言われたので、それっきり行かなくなってしまいました。 何か他にいい方法はないかと、インターネットをみていたら無呼吸症治療 西尾久接骨院≠見つけました。 治療の実績を読むと、イビキが改善した人もたくさんいて保険は効きませんが、効果がありそうなので治療を受けてみたくなったので早速予約を取りました。 初日は治療内容の説明を受けて、骨格の歪みのテストをしてから治療が始まりました。 痛い事はなくて、眠くなるようでした。 治療が終って、終って起き上がってみると体がすっきりして、ひどい肩コリがウソのように楽になっていました。 無呼吸の効果は寝て見ないとわかりませんが、深呼吸をしてみると治療前より深く吸い込めるようになり、ヘソのあたりまで空気が入ってくるのを感じる事が出来ました。 先生から生活上の指導を受けて、次週に二回目の予約を取り終りました。 驚いたことに治療を受けたその日の夜からは夜間の目覚めは一回になり、起床時の頭痛はピタリと出なくなりました。 イビキや呼吸停止の変化は見てくれる人がいないのでわかりませんでしたが、朝の目覚めの感じも半分くらい良くなりました。 日中の食後の眠気はまだありますが、私は仕事で保育士をしていて、食後に子供を寝かしつける最中に感じるものなので生理的なもののようです。 二回目の治療後を受けた後は、見てくれた人によると、イビキは掻いたり掻かなかったりでしたが、朝の目覚めがすごく良くなって、起きた時の疲労感は全くなくなりました。 夜間は一回目が覚めますが、その後すぐに眠りに入れます。 日中のトイレの回数も減ったので次の治療日に先生に理由を聞いてみると、自律神経の働きが過敏だとトイレが近くなる位ので、正常に戻ったのでしょうと言われました。 治療の効果が出ているので、次回は間隔を二週間開けることになりました。 その間も症状は安定していましたが、夜中に起きる回数だけ一週間を過ぎた辺りから回数が増えてしまいました。 少し寝ているところ観察してもらう機会があり様子を見てもらったのですが、呼吸停止はなくイビキは以前より小さくなり、出ない事もあったそうです。 5回目の治療を受けたところですが、夜中に起きる回数は一回に落ち着き、起きてもすぐに眠りに入れるので気にならなくなりました。 頭痛や朝起きた時の疲れた感じも全くなく、全体的に体調はとても良い状態です。今後、間隔を一週間ずつ伸ばして治療を重ねていくそうです。 夜もグッスリ眠れるようになって、日中もだいぶ過ごしやすくなりました。治療を受けて本当に良かったです。

港区  水原 良子さん(仮名) 73歳

日中の眠気や入眠障害が一回の治療で大変良くなり、C-PAPはもう使っていません。

いつからか詳しくは覚えていませんが、2年前位から日中の眠気があり、電車に乗っているとすぐに寝てしまうようになりました。イビキもあり、自分のイビキで目が覚めてしまいます。起床時や日中に頭痛が出る事もたまにあります。 心配した家族の勧めで、6月に簡易検査を受けました。 結果は、AHIの数値が30と言われて重症の部類なのでCPAPを処方されました。 それまでは眠りに入りにくく、寝付けなかったことが多かったのですがCPAPを使用するようになってからは少し改善されて、5回位起きていたトイレの回数も1回になりました。 日中の眠気はCPAPを使っても使わなくてもあまり変わりがないようです。 面倒で煩わしい事を別にすれば、なんとか問題なく使用できます。 医師から「一生使って下さい」と言われていましたが、出来る事なら外したいと思っていました。そんな時にパソコンが使える友人から、インターネットで評判がいい治療院を見つけたと「無呼吸症候群治療の西尾久接骨院」を勧められました。 早速予約を取って、その友人も付き添ってくれて一緒に治療に行きました。 治療に入る前に、先生が私たち二人に治療方法や無呼吸症の事をわかりやすく説明してくれたので、安心して治療を受ける事が出来ました。 治療そのものは痛い事もなく、途中で眠くなるようでした。 治療が終った後は、呼吸も治療前より深く入るようになって体がすっきりしていました。 寝てみないと治療の成果は解りませんが、治療後の体の変化をはっきり感じたので、「これは絶対治る!」と確信してしまいました。 治療の進め方は、年齢の十の位の数を目安としていて、私は70代なのでまずは7回、週1で通い、その後は徐々に間隔を空けて治療していきます。 その日の夜は、CPAPを着けずに寝ましたが、よく眠れていつもならば3時に起きるはずが30分寝坊してしまいました。次の治療までの一週間は、毎晩着けずに寝ました。 PAPなしでもトイレの回数は1回でトイレの後にもすぐに眠ることが出来ます。起床時の頭痛もなく、イビキで目が覚める事も少なくなってきたようです。 先日さらに一回通院し、現在4回治療を受けたところですが、大変調子が良く、日中の眠気や入眠障害もなくなり、自分のイビキで目が覚める事も全く無くなりました。 CPAPはもう返却するつもりで箱に詰めて壁にかけてあります。 先日、C-PAPを処方した耳鼻科に定期検査を受けに行ったので、もうC-PAPを返却したいという話を病院の先生にしたところ「これを使っていないと死にますよ」と脅かされたので、「この歳になればどうせ死ぬのは近いから...」と言い返してしまいました。 耳鼻科の先生には「CPAPを着けると苦しくて、かえって眠れない...」と誤魔化して、使うのを止めてしまおうと思っています。 実は埼玉に嫁いだ娘も無呼吸症で5年前からCPAPを使っているのですが、この治療を勧めたところ、子供の夏休みが終わったら是非治療を受けてみたいと言っていました。 私がこんなに効いたので、娘もきっと効果があるのではないかと思っています。 私には効果が十分に出ているのでこのまま治療を続けていこうと思います。

西尾久接骨院では新しいアプローチで睡眠時無呼吸症候群の治療を行います。治療の実績はこちら