ページの上へ

  

睡眠時無呼吸症候群の治療なら西尾久接骨院 【睡眠時無呼吸症候群が治った患者さんの感想はこちら

C-PAPやマウスピースを使わずに症状を改善します。骨盤、背骨、頭蓋骨のゆがみを調整して喉や鼻の気道を広げて呼吸を楽にします。無呼吸症候群の治療ならお気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群とは

当院では睡眠時無呼吸症候群の治療としてC-PAPやマウスピースを使わずに症状を改善致します。
そもそも睡眠時無呼吸症候群とはどんな症状なのでしょうか。
睡眠中に1回あたり10秒以上呼吸が止まっている状態を無呼吸と呼び、呼吸の量が半分になってしまうものを低呼吸といいますが、これらが睡眠中の1時間に5回以上起きる場合に「睡眠時無呼吸症候群」と判断されます。
もちろん寝ている間の事なので本人は気が付かず家族などの同居者に指摘されて発見される事が多いのですが、家族がこの病気についての知識、情報を持っていなければ単に「いびきをかきやすい人」と思われて治療開始が遅れてしまう事もあります。
> 詳しくはこちら

無呼吸症候群が体に及ぼす影響

睡眠時無呼吸症候群と言えば、ひどい睡眠不足や「居眠り運転」の原因のひとつと考える人が少なくないと思いますが、最近の研究によれば睡眠時無呼吸症が、高血圧や糖尿病まで引き起こすことが明らかになってきました。
どうしてこんなことが起こるのでしょうか?
> 詳しくはこちら

新しいアプローチによる当院の治療法

新しい治療法は、簡単に説明すれば、日常のざまざまなストレスで起きた背骨や骨盤のゆがみを調整し、頭蓋骨のゆがみを調整することで脳から気道や喉、舌に命令を送っている神経の流れを良くして、これらの筋肉が必要以上に緩まないようにするというものです。
> 詳しくはこちら

無呼吸症候群の治療 改善例

・昼間の眠気がなくなり、仕事に無理なく集中できるように!

・無呼吸症候群の治療で夜中に息が苦しくなる事がなくなりました。

・無呼吸症候群の治療によって、C-PAPを外しても良く眠れるようになりました。

・頭蓋骨を調整する治療を受けたところ、両足の重ダルさが出なくなりムズムズ足症候群も改善しました。

・呼吸が非常に楽になり、無呼吸症候群の治療を行なうとぐっすり眠れるようになりました。

・無呼吸症候群の治療の効果で肩こりがとても軽くなりました。

・C-PAP以外の方法で無呼吸症候群が治療できるとは知りませんでしたが治療した日の夜はぐっすり眠れて、気がついたら朝になっていました!

あきらめない無呼吸症候群の治療

・子供の無呼吸症候群でも治療実績があります。

・PSG検査を受けて中等度の無呼吸症でも治療改善実績あります。

・C-PAPを使っている方でも通院治療で無呼吸症候群が改善。

・一生治らないと病院の先生に言われたが、無呼吸症候群の治療で改善。

・耳鼻科の先生から、C-PAPやマウスピースを勧められたのですが無呼吸症候群の治療を受けて起床時の頭痛が出なくなりました。

無呼吸症候群の治療でこれだけ元気に!

・朝、目が覚めた時に頭痛がなくてすっきり目覚められるようになったのは西尾久さんの無呼吸症候群の治療のおかげです。

・無呼吸症の治療が終わった時に視界がはっきりとしてクッキリと見えるようになり、体全体が軽くなりました。

・無呼吸症候群の治療をした日の夜はぐっすり眠れます。気がついたら朝までぐっすり眠れる日もあり、その日は仕事中も眠くなりません。

・治療をしてもらうと少し歩いただけで痛かった両膝が楽になり、辛くなくなりました。朝起きたときにもとても気分が良い状態です。

患者さんの感想

川越市  市川 恵介さん(仮名) 55歳

一回の治療でイビキの回数や音が小さくなり頭痛もピタリと無くなりました。

タクシーの仕事をしている為、無呼吸症の検査をしてみようという事になり簡易検査と一泊検査を受けたところ、無呼吸19、低呼吸30位で重度という診断が出ました。 血中酸素も82%で、C−PAPを勧められましたがとりあえず保留にしてもらいました。日中の眠気は殆どなく、少なくとも運転中に眠くて車を停めて寝ることはありません。 一週間に一回くらい、起床時に頭痛が出ますがバファリンを飲むとすぐ直ります。天気の悪い日や低気圧の時に出る気がします。 職業柄、仕事の時間は不規則ですが、その状態に体が慣れているので疲れはあまり感じません。 私は「病気は治すもの」と考えており、一生使い続けなければいけないC−PAPは絶対に使いたくなかったので、改善する方法をインターネットで探していたところ無呼吸症候群治療の西尾久接骨院≠見つけました。 患者さんの感想を読んで治療を受けてみたくなり、すぐに治療の予約をしました。 当日は今までの経過を先生に伝えて、治療内容の説明があり、骨格の歪みのテストをしてから治療が始まりました。 どんなことをされるのか興味深々だったのですが、特に痛い事もなく1時間ぐらいで治療が終りました。 治療を受けた後は口の開きが楽になり、体全体がすっきりしていました。 呼吸の深さも治療前はあまり吸い込めなかったのですが、治療後はスッとヘソの辺りまで空気が深く入るようになりました。「これは効いたかもしれない」と思ってその日は喜んで帰りました。 その日の夜は睡眠の状態を確認するために以前から使っていたスマホのアプリを使って症状の変化をチェックする事にしました。 翌朝、アプリを確認したところ、「俺は本当に無呼吸だったのか?」と思うほど激変して驚きました。イビキの回数が劇的に少なくなり、イビキの音も小さくなって呼吸が停止している部分が探せない位に安らかに寝ていました。 本当の無呼吸だと、呼吸が止まって再開する時に「ぐばっ」とすごい音がします。治療前のアプリの記録では確かにそれが録音されていたのですが、治療後はそれが殆どありませんでした。 起床時もすっきり起きられ、治療後は頭痛は一度も出ていません。今まで夜中に一回位目が覚めていたのも全く無くなりました。想像以上の効果で2回目の治療を受けるのが楽しみでした。 病院に行くのが楽しみに感じた事は人生初めての経験です(笑)。 2回目の治療後も良い状態が続きました。 仕事の都合で早朝4時まで運転し、5時に帰宅、それから床に就き9時に起きた日がありましたが、アプリによれば入眠直後30分位はイビキがあったのですが、呼吸停止はありませんでした。 起床時も以前と比べてすっきり度が上がって「これが眠れているという感覚なんだと改めて実感しました。 今まで自分では日中の眠気は全く無いと思っていたのですが、良く考えてみると、休日に自宅でのんびりしていると眠くなってくることが確かにありました。 休みで気持ちが緩んでいるのだろうと思っていましたが、治療を受けるようになってからは休日もダラダラしないで元気に活動できるようになりました。驚くべきことです。 現在3回の治療を受けたところですが、頭痛も治療を受けて以来、一度も出ていません。

西尾久接骨院では新しいアプローチで睡眠時無呼吸症候群の治療を行います。患者さんの感想はこちら